一ヶ月ほど前(2月20日頃)ブヨブヨになってしまった「金のなる木を「茎挿し」&「植え替え」した訳ですが、成功しているのか微妙な感じです。

「茎挿し」した方(葉がある方)は茎が途中で折れてしまい、折れた部分より少し下の節から切れ目が入ってしまったので切断することになってしまいました。

緑色でまだ元気がありそうな部分を「茎挿し」したつもりだったので、これはちょっとショックでした。

この「金のなる木」は昨年末に亡くなった母が育てていたものだけに、なんとか復活させたいと思ってるんですが・・・

土に埋まっている方は結構太くなっているのでなんとか復活してほしいけど、かなり短くなってしまったのでかなり不安です。

もう一方の「植え替え」した方はこんな感じです。

何か所か切った中で一番元気がありそうだった枝の部分がシワシワになってしまった。

切った後は周りの皮?みたいな部分が徐々に伸びてきて切り口を塞ぐようなかんじでしたが、風が強かった日に砂埃が付いてから茶色っぽくなってしまい、徐々にシワシワになっちゃいました。

このシワシワになった部分はもうダメっぽいですねえ。

「茎挿し」した方も曲がってしまった部分のすぐ下の節から切れ目が入ってたし、この部分がぽろっと取れてしまうのかな。

どこでもいいから新しい芽が出てくるといいんだけど、今のところそういう感じはしませんね。

切った部分も最初はキウイみたいな奇麗な緑色だったんですよね。屋外に出さない方が良かったんだろうか?

切って直ぐに新しい芽や葉が出てくれば「上手く行ってる」と思えるけど、シワシワになった事と切断面が茶色っぽくなった事以外、特に変化もないので判断のしようもないんだよなぁ。

水は3日~5日おき位に小さなコップの半分程度(100ミリリットル以下)あげていて、夜は室内(玄関)に置いて夜は寒さ対策として鉢全体にクリーニング屋で貰った大きめで半透明のビニール袋を被せています。