ジョイフル本田で安い自転車の丸石サイクル「アパッシュクロスバイク27型」を購入し1年がたちました。

大した距離を乗ってないので自転車自体に問題はないんですけど、何か所か錆が出てきました。

基本的に雨の日は乗らず、使用頻度は週1回~2回で2キロ~5キロ程度の走行距離です。

普段はヒサシの下に置いてるんですが、意外と錆が出てくるものなんですね。

錆が出てきたところ

ブレーキレバーをハンドルに固定している部分のボルト(左右とも)

ここは一番早く錆が出てきました。錆も目立ちますね。

ハンドルの付け根の部分

ここは、ちょっと錆が浮き出てきた程度ですね。

ブレーキレバーをハンドルに固定している部分のボルトとハンドルの付け根部分には「クレ5-56」を吹き付けときました。

フロントのライトと籠を固定している鉄筋

まあ、これはパイプではなく鉄筋っぽいんで錆びてダメになるって事は無さそう。

今は錆びも放置したままですが、あまり目立つようならペンキでも塗ろうかと思います。

自分が中学生・高校生の頃に、通学で使っていた自転車は3万円以上5万円未満くらいだったけど、ハンドルや主要な部分はステンレスだったような気が。

自転車の価格も安くなってる分、この価格でステンレスの部品って訳にはいかないんでしょうね。

ま、税込で15,800円って値段を考えれば多少の錆びは仕方ないとは思いますけど。

空気入れ「ブリヂストン スマートポンプ PM-501」を購入

今まで自転車のタイヤに空気を入れる時、小型の空気入れ「ブリヂストン マルチミニポンプPM-006P」を使っていたんですが、タイヤのバルブに取り付ける・取り外す時に空気が漏れたりしてイラッとする時がありました。

1~2秒くらいでも一度空気が抜けちゃうと、小型の空気入れだと大変なんです(笑)なので、今度は普通の空気入れを購入しました。

買ったのは同じブリヂストンの「スマートポンプ PM-501」で、ジョイフル本田で980円(税別)でした。

色は黒&赤のプラスチック製なので、ちょっと安っぽいけど軽くて扱いやすいし、自転車のタイヤに空気を入れるのには充分ですね。

去年「ブリヂストン マルチミニポンプPM-006P」を買ったときはレバーを上下させるタイプの空気入れは1,500円~2,500円くらいしてたような記憶があるんですが、小型のものと同じくらいの価格で買えるなら初めからこっちを買っとけばよかったよ。


ブリヂストン サイクルパーツ スマートポンプ(レッド) PM-501