ィット(GE)のタイヤをオートアールズで買い替えました。(ホイールが汚いな)

新しいタイヤはDUNLOPのENASAVE EC202でサイズは175/65R14 82S で、4本セットと工賃等もろもろ込みで34,344円。

タイヤ交換時の走行距離は76,905キロでした。

レシートには「タイヤコウカン」「ハイタイヤ ショリリョウ」が1,080円×4本で432円引き、「チッソガス」「チューブレスバルブTR-4」「ボディーアンダーコートホイー(続きがあるがレシートにはここまで」がそれぞれ1,080円。

タイヤEC202LTD 175/65R14 82Sが7,776円×4本、合計からセット販売割引が4,968円で合計すると34,344円でした。

仕事を早めに切り上げて夕方16時ごろオートアールズに行きタイヤを購入。

タイヤ交換には16時15分ごろから30分くらいかかりました。

予約とかしてなくて飛び込みで行っても待ち時間が短いのは、オートアールズのいいところだと思います。

片減り

タイヤは次の車検(2019年10月)まで持つかな?と思ってたんですよね。

次回のオイル交換時にタイヤのローテーションをしてもらえば、タイヤも次の車検まで持つかなと。

ただ、タイヤが全体的にヒビ割れ気味なのと思ってたより片減りしてたので買い替えることにしました。

ま、元のタイヤも中古で購入した時(2016年8月)から付いてたタイヤなので、最低でも2年以上は走ってるんだろうし買い替えも仕方がないかな。

一番安いのはネクセンだったけど

オートアールズで一番安いタイヤは韓国ネクセンのタイヤでした。

値段やタイヤの名前ははっきりとは覚えてないしざっと見た感じけど、175/65R14の同サイズで比較すると4本セット工賃込みの総額でDUNLOPのENASAVE EC202より10,000円近く安く、次はピレリと韓国のクムホで5,000円くらい安かったかな。

自分の場合、走行距離も1年間で1万キロ以内だし、車を酷使するような使い方でもないと思うので、ネクセンでも良かったかなって気はします。

ただ、自分の中では韓国のタイヤっていうとクムホってイメージがあって、ネクセンってタイヤメーカーを知らなかったんで敬遠しちゃいました。

今まで海外メーカーのタイヤってミシュランくらいしか使ったこと無いんですが、価格もブリヂストンと大差なくヒビ割れが少なかった印象があります。

自分のタイヤメーカーのイメージは

ブリヂストン お値段高目

DUNLOP 普通

ミシュラン ブリヂストンとDUNLOPの中間

ヨコハマ 通好み

オーツ お値段安目

トーヨー 地味

クムホ 安い

って感じかな。

カー用品店でも安いタイヤっていうと以前はオーツ(ファルケン)なんか多かった印象があるけど、今は低価格品は韓国や中国メーカーが主流って感じですよね。

普通に走る分には、どのタイヤでも大差ないとは思うけど、日本メーカーに頑張って欲しいので今回は一応メイドインJAPAN表記のあるDUNLOP(住友ゴム)を選びましたよ!