2日~3日前の話なんですが、仕事に行った先の近くで火事がありました。

近くといっても200メートルくらい離れてたかな?

周りに農家っぽい家が多かったので家と家が結構離れてたし、家が燃えているところを直接見た訳じゃないけど、これだけ近い距離&リアルタイムで火事を見たのは初めてです。

ただ、火事のあった場所が曲がりくねった坂の上の方で、自分たちのいた場所が坂の下だったので高低差もあり、直ぐには火事とは気が付きませんでした。

初めは「農家の人が何か燃やしてるんだろ」くらいにしか思わなかったんですよね。

当日は風が強かったのも 関係してるのかな?

そのあと急に煙が凄くなり、途中からは何かが破裂するような音がしたり、白っぽかった煙が黄色っぽい煙になり、道が全く見えなくなるくらいまで煙が増えてきたんですよね。

それで「これ火事なんじゃね?」と。

その後間もなく(自分達のいた反対側から)消防車が到着したようでした。

後で聞いた話ですが、火事当日はしばらくの間通行止めになってたみたいです。

火事の後

今日、その火事のあった所を車で通ってみたんですが、1軒の木造の家屋が柱と壁の一部を除いてほぼまる焼けって感じになってました。

幸い亡くなった人はいないそうで、火事で燃えたのはその1軒と周囲の生垣くらい。

家と家が離れてるからか、周囲の家等には被害はなかったみたいでした。

火事のあった日は風も強かったし、もし周囲に燃え広がったりしてたら、下手をしたら去年12月の新潟・糸魚川の火災みたいになりかねないよな。

糸魚川の火災も一軒の中華料理店から火が強風で、あれだけ大規模な火災になるんだしねえ。

自分の住んでるところも田舎で、庭で何か燃したりする事があるんだけど、本当に気を付けないと駄目だね。

特に風の強い日は日の取り扱いは要注意だと思う。

火事は怖いね。

自分の家が火元になって、隣近所の家まで燃えてしまったり死者が出たりしたら、精神的にも相当しんどいと思う。

ウチも一応火災保険に入って入るんだけど、保険の内容をチェックしてみた方がいいかもね。