手のヒビ割れが酷くなり、アトリックスのハンドクリーム「エクストラプロテクション」をジョイフル本田で購入。価格は798円でした。

母が死んで、食事の後片付けを自分一人でやるようになりました。

後片付けっていっても二人分なので重労働だとかキツイって感じるようなものでは無いけど、それでも食器などの洗い物をしていると手がヒビ割れまくってます。

季節的のものもあるんでしょうけど、ハンドクリームを使ってるのにこんなに手にヒビ割れができるとは思いませんでしたよ。

今までも冬には手がかさついたりヒビ割れたりすることはあったけど、指の関節(手の甲側)がパックリ切れてしまうっていうのは初めてでした。

その他にも手の甲側の傷はズボンのポケットに手を入れる時に擦れたりして、一度切れてしまうとなかなか治りませんね。

「エクストラプロテクション」を使ってみて

冬場は資生堂の「UREA 尿素10%クリーム」っていうのを使っています。

このクリームはカサカサになった部分がしっとりするような効果はあるけど、パックリ切れてしまった部分にはあまり意味がなさそう。まあ切れるまで放置していた自分も悪いんですけどね。

アトリックス「エクストラプロテクション」は手につけてもあまりベトつかず、割とサラッとした感じでクリームに「撥水性」があるみたいですね。

ヒビ割れした部分

アトリックス「エクストラプロテクション」を使い始めて1週間後

10日ほど使った印象ですが、しっとりするような感じは「UREA 尿素10%クリーム」の方があるけど、水仕事にはアトリックス「エクストラプロテクション」の方が良さそう。

なので、硬くなりヒビ割れができやすい踵、膝などには「UREA 尿素10%クリーム」を使い、指先や手の甲側の部分には「エクストラプロテクション」を使うようにしています。

ヒビ割れ予防には

ヒビ割れを予防するにはヒビ割れができる前から、マメにクリームを塗ってないと駄目ですね。自分の場合、今までハンドクリームを使うのは夜と朝くらいでした。

それが洗い物をするようになってからは、朝昼晩洗い物が終わってからとその合間にも何回かハンドクリームを塗ってます。かさつきが気になったら塗るような感じかな。

そのせいかヒビ割れはできてはいますが、割れたところが切れて血が出るような事は無くなりました。やっぱりマメにクリームを塗るのが一番効果がありそうです。

アトリックスの「エクストラプロテクション」価格的にはちょっと高いのとしっとり感が少ないと思うけど、撥水やヒビ割れに対する効果は感じられました。

塗った直後は多少べとつきますが、それでも「UREA 尿素10%クリーム」と比べるとサラッとした感じです。指先や手に塗るものだけに、べとつかないのは良いと思いました。