数か月前に仕事をした会社の支払いが約束手形だった。

裏書とかしてある手形ではなく、その会社が手形の振出人になってる。

領収書と送料(切手)を送り返さなけらばならないみたいだし、(客として)長いこと付き合いのある会社だけどこういうのはめんどくさいねぇ・・・

約束手形 銀行での手続き

約束手形の裏に自分の住所、会社名、名前を記入しハンコを押す。

代金取立手形受付票の

「支払い場所」 相手の銀行、支店名

「支払人」 相手の会社名

「金額」

「支払期日」

「手数料」 銀行に現金で支払った(324円)

入金してもらう口座の名前や口座番号を記入しました。

これで期日になると口座に入金される形になるみたいです。

ハンコは銀行口座に登録した物と普通のハンコ2つ持って行ったけど、口座に登録してある方を使いました。これは別にどっちでもいいのかな?

あと銀行よって違うのかもしれませんが、約束手形の場合順番待ちの発券機では「現金」になるみたいです。

案内係の人に約束手形の事を質問したら「詳しいことは窓口で聞いてください」って発券機の紙を渡されたんですが、その時「現金」のところにタッチしてました。

メンドクサイね

しかし「約束手形」ってもらう方には一切メリット無いですよね。

お金を手にするまで時間がかかるし、わざわざ銀行まで行って手数料も取られるし、「領収書と手形の送料も払え」っていうんだから。

今回は10万円単位の金額だったからまだいいけど、1万円とかじゃやってられないわ。

もちろんすべての支払いが約束手形って訳じゃないんだろうけど、今度この会社の仕事をするときは「約束手形での支払い」だってことを前提にして、見積書や請求書で数千円程度はプラスした方が良さそう。

こっちも手間をかけて手数料も支払わされるなんてバカバカしいしね。