亡くなった母が育てていた「金のなる木」を、冬の寒さと水のやり過ぎでブヨブヨにしてしまいました。

「植え替え」と「茎挿し」でなんとか復活させようとしています。

ひと月前に更新したその5の続きです。

「植え替え」

葉っぱは大きくなり、赤から緑色の部分が目立つようになってきました。

ただ、地面に近い1か所と、葉っぱ同士がくっついている所はちょっと成長が遅い感じ。

写真だと赤丸のこの変です。

全部で7か所から葉っぱが生えてきてるのは変わりませんが、全部が上手く成長するって訳にはいかないのかな。

「茎挿し」

「茎挿し」の方は、もう完全にダメっぽいんで写真も撮りませんでした。

残念ですが「茎挿し」は失敗って結果に終わりましたね。

やっぱり一度目の「茎挿し」で、茎の途中から折れちゃったのがまずかったのかな・・・二度目の「茎挿し」は茎もかなり短くなっちゃったし。

次に「茎挿し」する時には気を付けたいですね。

この時 「金のなる木」がブヨブヨに! に買ったタカムラの「アロエ・金のなる木用の土」の袋には簡単な育て方が描かれてるんですけど、それによると植え替えは2月半ば~4月半ば、8月半ば~9月半ばあたりが良いらしいです。

現在の育て方等

水やりは週に1回は変わりませんが、日中はかなり暑くなってきたので水の量を約200㏄まで増やしました。

梅雨入りして雨が続くようなら少し水の量を減らすかもしれませんが、しばらくは200㏄で様子見かな?

日中は日当たりの良い場所に、夜間は雨が降ってきても濡れないように車庫に置くのも変わってません。

植木鉢は深さの無いタイプの物を使ってるし、今はまだ「金のなる木」の高さが無いので、棚みたいな鉄製のラックの上に置いてるんですが、高さ的な余裕があまり無いんですよね。

植木鉢ももう少し深さのあるタイプのものに変えたいし、「金のなる木」が上に伸びるようだと専用の台みたいな物を用意しようかと思ってます。

植え替えに適した時期(2月半ば~4月半ば、8月半ば~9月半ば)までに、どのくらいの高さになってるのか次第ですけどね。