去年の話になりますが、7月に追突事故でティーダを廃車し中古車のフィットに買い替えました。

自動車税は5月に払っているので、自動車税は還付されることになります。

その手続きについて書いておきたいと思います。

7月に事故で廃車(は8月)にした日産ティーダの自動車税の還付通知書が9月末に届きました。

封筒の中には「自動車税還付通知書」「公金送金通知書」が1枚の用紙になったものと、「自動車税還付通知書」「公金送金通知書」の内容を説明と記入の仕方が書かれた用紙の2枚が入っていました。

この書類に必要事項を記入して銀行(千葉県の場合は最寄りの千葉銀行)に持って行けば自動車税が返金されます。

自分が乗っていたティーダは1,500㏄だったので、自動車税は34,500円。今回届いた還付通知書には還付額(返金される金額)は20,200円になっています。

廃車を自分でやった訳ではない(事故で走行不可能)のではっきりした日付は分かりませんけど、保険会社との話がまとまるまでは廃車に出来ないらしく自動車修理工場によると「ティーダの廃車は8月になるだろう」って話でした。

4月から8月までの4か月分の自動車税を支払った事になるのかな?単純に12で割って8ヵ月分とはちょっと違うみたいですけど。

廃車した月によっては別の方法もある

自動車税の還付って2年ちょっと前にティーダを購入した時はどうだったんだろう?こんな用紙に記入した記憶が無いので、ちょっと調べてみました。

ティーダは日産の中古車店で購入。納車は5月半ばで、それまで乗っていたスズキ・スイフトは自動車税を支払わず、ティーダ納車後、日産の中古車店が廃車に。その後「千葉県自動車税事務所」から送られてきた「自動車税督促状兼領収証書」で2か月分(たぶん)の自動車税を支払っていました。

調べているうちに思い出したんですが、ティーダの商談・購入時に5月半ばまで乗る事になるスズキ・スイフトの自動車税を払った方が良いのか日産の中古車店の人に相談してました。5月はちょうど自動車税の支払いがある月ですからね。

日産の中古車店の人はすぐに廃車にするスイフトの「自動車税を支払ってもいいけど返金の手続きが少し面倒」「自動車税を支払わなければ7月か8月に納付書が届き、廃車にした月の分まで支払う事になる」って話でした。

で、支払わずに「自動車税督促状兼領収証書」で後から支払う方を選んだんです。

車の買い替え時期と自動車税の支払いが重なった場合には、すぐには支払わないってやり方もあるんですね。

以前の車の時は・・・

スイフトの前の車、ドマーニを廃車した時になると15~16年くらい前になるので、流石にうろ覚えですね。買い替えが秋だったので1万円弱くらいが返金された記憶があります。

ただ詳しくは覚えてないし、かなり昔何で記憶があいまいですけど自動車税の還付通知書って覚えてないんですよね。その時は委任状を書いて手続きをやってもらったのかな?