その9の続き

シワシワになってしまった方の「金のなる木」は見た感じ特に変化は無し。

水は新しく買ってきた「金のなる木」に水をやるときに、一緒にほんの少しやる程度。

根が殆ど無くなってしまってるので水をやっても意味が無いのかもしれないし、そもそも根がダメになってしまったのは水のやり過ぎも原因の一つだと思うんですけど。

でも水を全くあげなくていいのか?って気もするし・・・まあ、ほんの少し水をやって様子を見るしかないんじゃないかと思います。

復活の見込みはかなり低いと思いますが、なくなった母が育てていたものだし、しばらくは世話をし続けたいと思います。

新しい「金のなる木」

新しい方もなかなか順風満帆とはいきませんねぇ。

一部の葉に黒い斑点ができてしまったり、白く粉を吹くような部分もあったりして何かと気を使います。

特に黒い斑点は嫌な感じですね。

初めは葉に何かついているのかと思い手でこすってしまったら、黒くなってしまった表面の部分が剥がれてしまい葉の中の部分が露出してしまいましたよ。

よく見たら、一枚だけですが葉の裏側も黒くなってるし、何かの病気なんですかね?

水やりと日当たり

水やりは今までは週に1回だったんですが、10月からは10日に1回50㏄程度にしてみようかと思います。

「金のなる木」をダメにしてしまったのは水のやり過ぎも理由の一つだと思うので、水はなるべく少なめにしときたいと思ってるんですよね。

ダメにしてしまった方の「金のなる木」も5月~6月くらいまでは新しい葉が生えてきてそれなりに成長してるんですよね。

夏場にかけて水の量を増やしてるので、やっぱりその辺が関係してるんじゃないかと。

植木鉢に水が入るのが嫌なので、雨が降っているときも屋外には置かないようにしてるんですが、これは気にし過ぎかな。

あと新しい「金のなる木」は、長時間日に当たるような場所には置かないようにしています。

置き場所は午前中は日が当たるけど、午後からは日陰になるようなヒサシの下みたいな場所に置き、夜は涼しくなってきた9月末からは夜は室内に置いています。

これで新しい「金のなる木」もダメにしてしまうようなら、自分に植物を育てるのは向いていないと諦めようと思ってますよ。

亡くなった母には「育ててた金のなる木をダメにしてしまって申し訳ない」と思いますけどね。