耳が遠くなってきた父用として耳かけ集音器YAZAWA SLV21BR」をAmazonで購入。

価格は1,680円+送料350円で合計2,030円でした。

注文から3日後にゆうパケットで届きました(ポストに入ってました)。

箱の大きさは市販のイヤホンと同じくらいかな。箱の中には本体と説明書、ボタン電池(LR44)が2個、イヤホンのキャップがSMLの種類と小さな巾着袋が入ってます。

本体に電池をセットして電源をON。あとはダイヤルでボリュームの調整をするだけなので、操作が難しいって事も無いと思います。

補聴器って高いんですね

今回父用の耳かけ集音器を購入したきっかけは、父が病院で補聴器の使用を勧められたからなんですよね。

母が亡くなってから耳の遠さも悪化してるような気もしてたんで、病院で診察してもらいました。
その時、耳の掃除もしてもらったら多少良くなったらしいけど、元々耳は遠かったので病院で名前を呼ばれても気が付かなかったらしく、補聴器の使用を勧められ紹介状のようなものを貰ったんです。

耳が遠いと本人だけでなく話し掛ける方もストレスが溜まりますからね。耳が遠いって事を分かってる人相手ならいいけど、知らない人だと相手も大変だと思う。

実際に母の葬儀(通夜・告別式)の予定を親類に連絡する時にも、話を理解してないのに生返事をして失敗してるんですよね。

補聴器は人の声など必要な音を大きく聞こえる様になるのに対して、集音器は単純にすべての音が大きく聞こえる様になるものみたいです。

要するにこのへんの機能の差が価格の差になってるようです。

補聴器販売店に行ったものの・・・

それで補聴器を販売しているお店まで行ったんですが、補聴器は安いものでも80,000円~100,000円くらいするらしく、価格がネックになりその場では試用するだけに。

店員さんは熱心に勧めてきたけど、購入するところまでは行きませんでした。

でも耳が遠い事は変わらないんで、補聴器を買う前に安い集音器を試してみることにしたんです。

耳かけ集音器「YAZAWA SLV21BR」を使ってみて

結論から言えば、価格の割に結構使える感じです。

自分が使っている訳ではないので父の感想になりますが

「音が全体的に大きくなる感じ」

「耳にかけるのがめんどくさい」

「取り敢えずこれを使ってみる」

の3つだけでした(笑)。

まあ最終的には補聴器を買うことになるのかもしれませんが、それまでの繋ぎと考えても2,000円程度でそこそこ使えるなら悪くは無いんじゃないかと思います。

集音器を試しに買って、実際に使ってみて「これで充分」と思えるなら高価な補聴器を買うまでもないでしょうし。


SLV21BR【税込】 ヤザワ 耳かけ集音器(ベージュ) YAZAWA [SLV21BR]【返品種別A】【RCP】