象印の加湿器「EE-RL35-CA」をジョイフル本田で購入しました。価格は税込みで9,980円です。

父が寒いからと灯油のファンヒーターを長時間つけっぱなしにするので、どうしても家の中が乾燥しちゃうんですよね。乾燥し過ぎると喉が痛くなって咳が出てくるし。

なので、特に下調べもせず急遽決めて家電量販店とホームセンターで加湿器を見てきました。

馴染みのあるメーカーに

予算的には5,000円~10,000円程度。聞いたことないようなメーカーの安い加湿器でもよかったんですが、主に自分ではなく父が使うので、操作が簡単でOFFタイマーが使えるものを希望。

いろいろなメーカーの加湿器を見ましたが、比較的コンパクトで操作もしやすそうな象印の加湿器「EE-RL35-CA」に決定。結局馴染みのある日本メーカーの加湿器になっちゃいましたね。

メンテが楽そう

価格的に同程度のSHARPのプラズマクラスターの加湿器と迷いましたが、象印の「EE-RL35-CA」にはフィルターが無く手入れも楽そうなので「EE-RL35-CA」に決めました。

以前SHARPの加湿器を使っていたことがあったんですが、掃除が結構めんどくさかった記憶があるんですよね。特に、水が入ったタンクから少しづつ水が流れて貯まるような場所の「ぬめり」が酷かった。

象印の「EE-RL35-CA」だとメンテナンスも「クエン酸洗浄」するだけでいいみたいです。

蓋を開けるとこんな感じ

「クエン酸洗浄」っていうのは、コップに30グラムのクエン酸を入れてぬるま湯で溶かし、本体に水と一緒に「満水表示」まで入れて「湯沸かし音セーブ」のボタンを3秒以上押すだけの簡単な方法です。

象印のポット内容器洗浄用クエン酸「ピカポット」っていうのが使えるらしいです。

特に不満は無し

造りもシンプルで殆ど電気ポットと同じような感じです。ただポットよりはボタンで操作できる項目が多いですけどね。

取りあえずウチの父でも、スイッチをオンにしてタイマーをセットするくらいはすぐにできるようになりました。

象印スチーム式加湿器「EE-RL35-CA」まだ使い始めたばかりですが、今の所は特に不満も無く使えてるし満足度も高いです。

Amazonのレビューとか見ても「EE-RL35-CA」は、10,000円程度の加湿器としては高評価な感じだし、下調べもせず買ったにしてはいいものを買えたと思っています。