パソコンを買い替えたので、年賀状や宛名の印刷に使っているソフト「筆まめ」を最新バージョン「筆まめVer.27」にバージョンアップしました。

すぐに欲しかったので地元の家電量販店ノジマで「筆まめVer.27」のアップグレード・乗り換え版を購入したんですが、結構高かったですね。アマゾンよりも1,000円近く高い3,758円でした。

まあ、住所録や宛名印刷など仕事にも使っているので経費になるでしょうから、価格の方はそれほど気にしていませんけどね。

新しいパソコンはノートパソコンで昨年12月半ばに購入し、年末年始にゆっくりデータの引っ越ししようと思ってたんですが、年末に母が亡くなったため年末年始はパソコンの引っ越しどころではなくなっちゃったんです。

母の葬儀関係が一段落ついた頃には1月も半ばを過ぎていて、仕事の請求書作成やデジカメ画像の整理、使っているユーティリティやドライバ、フリーソフトの最新版をチェックしたりしているうちに2月に・・・

2月には49日とかもあったりして、パソコンの引っ越し準備は結局3月頭までかかっちゃいました。

「筆まめ」バージョンアップは簡単

色々と時間がかかっちゃいましたが、「筆まめ」のバージョンアップ自体は簡単でした。

1 古いパソコンで「筆まめ」で作った住所録をバックアップ。

2 新しいパソコンに「筆まめVer.27アップグレード・乗り換え版」をインストール。

3 DVDのメニューから「筆まめデータ簡単引っ越し」をクリックし、バックアップしておいたデータを選択。

で終了です。

この手のソフトはパソコンに詳しくない人も使うと思うので、住所録の引っ越しもかなり簡単にできるようになってますね。

マニュアルにも大きめの写真や文字で詳しく書かれているので、失敗することも無いんじゃないかな?

ずっと「筆まめ」

自分は年賀状印刷ソフトはずっと「筆まめ」を使ってます。

年賀状印刷や宛名印刷ができるソフトにも、フリーソフトや「筆まめ」よりも価格が安いソフトや割安な乗り換え版とかもあるけど、なんだかんだ言ってずっと「筆まめ」を使ってますね。

年末が近くなるとコンビニなんかでよくDVD付きのムック本が売ってますよね。

一度あの手のムックを購入したことがあったんですが、「筆まめ」と使い方がかなり違っていて馴染めず、結局使い慣れた「筆まめ」に戻ってきたんです。

といっても、毎年最新バージョンを購入している訳ではなく、基本的にパソコンを買い替えたりOSが新しいバージョンに成ったときだけ、最新バージョンにしてるんですけどね。一番初めに買ったのがバージョン14だったかな?

「筆まめ」以外にもメジャーなソフトなら使いにくいって事は無いんでしょうけど、年賀状以外にも仕事で宛名印刷なんかに使ってるので、別のソフトに変えて使い方が変わると覚えるのも面倒くさいっていうのも同じソフトを使い続ける理由ですね。